~ ワンオフパーツ設計製作 ~

― Production of one-off parts ―


【各種部品製作事例】

車、バイク部品

ステンレス製ダイス型シフトノブ

サイコロシフトノブの写真

ステンレス板金のサイコロです。

1.2mmのSUS板を溶接で組み合わせ、つなぎ目を削って消した後、表面全体を鏡面仕上げにしてあります。 

ナンバープレートウインカー兼用ステー

フェンダーレスナンバーステーの写真

バイクのフェンダーレス化に伴い必要になったので、ナンバープレートとウインカーランプを一緒に取付できるステーを設計製作しました。 

アルミ製ひょうたん型シフトノブ

ひょうたん型アルミシフトノブの写真

汎用旋盤で削り出したアルミのひょうたんです。最後は機械ではなく手でバフ掛けし鏡面に仕上げました。

 


ガソリンキャッチタンク取付ステー

廃番になってしまったステー部品の製作です。お客様が採寸したものを図面化し形にしました。ステンレスの材料表面はヘアライン仕上げをし、溶接するナットの材質はSUS316Lを使いボルトのかじりつき防止対策をしました。

オリジナルメーターステー

ハーレーのスピードメーター取付ステーの写真

ステンレスオイルライン

ショベルヘッドエンジンオイルラインの写真

自転車部品

BMXブレーキ用ステンレス製ナープス

ステンレス製ナープスの写真

BMXのブレーキに使うナープスという小部品です。スパナで締める事が出来る物が売ってないので設計製作しました。 

BMX用チタン製ジャイロプレート

BMXジャイロプレートの写真

BMXのリアブレーキに使用するジャイロプレートという部品です。軽量で強度のあるチタンで製作しました。 

BMX用ステンレス製ペグ

BMXステンレスペグの写真

BMXのペグをステンレスで製作しました。旋盤で削り出した部品を溶接した2ピース構造です。  


マウンテンバイクアルミフレーム溶接修理

パーツの製作ではないですが、ライディング時の転倒によって出来てしまったアルミフレームの割れ部分を溶接修理しました。アルミは材質の管理と溶接前の準備(下処理)が非常に重要になります。

カスタムバイク

ハーレーカスタムの

フレームから設計製作。ステンレスガソリンタンク、ステンレスオイルタンク、ステンレスライザーハンドル、プッシュロッドカバー、キックペダル、シフトノブ、既製品リアフェンダー加工、エンジン部オイルライン、エンジンマウントステー、シートベース、シート、特殊ボルト関係、各種ステー類等全て設計製作しました。

カスタムバイクの写真
カスタムハーレーの写真